やる気出ないに原因はない?15分でだるいを解決する方法

やる気出ないに原因はない?15分でだるいを解決する方法

今日、やる気でないな~って思ってこの記事にたどり着いたことでしょう。

やる気が出ないのは、なにか原因があって、それを改善すれば、行動できるようになる。

そう思ってこの記事に来てくれたことでしょう。ありがとうございます。

ですが、あえて言いましょう!

 

やる気が出ないのに、原因はありません。

 

どういうことかというと、人間の脳というのは、いくらでも記憶や気分を改ざんできるからです。

ちょっと想像してみてください。

 

あなたは、やる気があるかないかをなにかの原因にして行動するかしないか決めていませんか?

たとえば、きょうはいいことがあったから、このあともいいことがあるに違いない。

また、きょうは朝から、最悪だ。だから、今日一日ダメに違いない。

 

そうして、やる気があるとき、やる気がない時をじぶんの選択で区別してはいませんか?

ひとはやる気がない時でも、ある時でも、実はじぶんでそれを決めています。

 

じゃぁ、そのなにかの出来事が原因になってるから、

やる気の増減が起こるのか?というと、それは違います。

 

わたしが、やる気の原因はないと言ったのは、

なにか外的な要因によってやる気の増減は起きないということ。

 

外的要因は、睡眠、健康、病気、気分、環境、出来事など。

これらがあなたのやる気を左右しているのではないということです。

 

あなたのやる気を左右しているのは、あなた自身です。

正確には、あなたの脳があなたのやる気を決めています。

 

やる気は脳の状態によって決められているんです。

だから、たとえば、あなたがサイトの記事を読んで、「やる気の出し方」「やる気を出す方法」などを調べて実践したとしても、いざ、行動しなきゃいけない場面では、なにも効果がありません。

 

やる気が出る脳の状態は、ドーパミンがドパドパでている状態の時です。

どんなことをしている時にドーパミンがでるかといえば、熱中している時にでます。

 

狩りの時にバンバンとドーパミンがでます。

狩りには2種類あって、食料を手に入れるための狩りと、子孫を残すための狩りです。

 

原始時代と違って、食料を手に入れる時にわざわざ狩りもしません。

子孫を残すためには、知能的な活動を必要とします。

 

では、どんな時に、狩りをしているような状態になるかというと、

大好きなことをやっている時、楽しんでいて集中している時にドーパミンがでます。

 

逆に考えてみてください。

あなたがやる気が出ない時、行動できない時って、

それ自体が超つまらなくて、退屈な時じゃないですか?

 

でも、それは当たり前。

楽しくなくては、やる気なんてでるわけがないんです。

 

こんなツッコミがきそうですよね。

「じゃぁ、やる気だすことなんて無理じゃねぇか。」

「こっちはやらなきゃいけないことだらけなんじゃ」って。

 

じれったいので、ズバッと言いましょう。

つまらないことでも、やる気をだして行動するためには、

つまらないことになにか意味つけをすればいいんです。

 

名付けて、

【行動のリフレーミング】です!!

 

リフレーミングって心理学の用語なので、

心理学に詳しくないあなたは知らないと思います。

 

リフレーミングとは、記憶の書き換え。記憶の枠組みを変えることです。

トラウマとか、いや~な記憶を、それは、僕にとって有益だった。あの体験が

あったから、今のわたしがあるのよ!って再定義するんです。

 

そうすると、トラウマもトラウマじゃなくなって、

良い記憶になっちゃう的なやつです。

 

行動のリフレーミングっていうのは、だるくて、めんどうくさくて、憂鬱なやらなければいけないことを、たのしくて、おもしろくて、うっきうっきするような出来事に再定義してしまいましょう!!!!!!ってことです。

 

このあと、行動のリフレーミングについて、詳しく解説していきますよ。

こんな感じ↓

1.嫌な行動を1つ選ぶ。

2.意味つけorゲーム化

3.細分化

4.ゴールを設定

5.実践あるのみ

 

あ、ここで1つお知らせですが、このテクニックは僕のオリジナルだし、ドーパミンの話とか、脳科学のお話とか、毎日、大量にインプット(最低1日10冊)するので、どこの知識か正直わかりません。大学で勉強したこと、個人で勉強しまくっていること多すぎて、いちいちこれどこの知識だっけ?って確認できません。

ですが、僕自身の体験でこれが本質だなって思う知識なので、あらかじめご了承ください。僕個人による、僕が考えた、僕が使えると思うテクニックです。実証研究はされていません。ぜひ、やってみて、あなた自身が試して、このテクニックが使えるか実証してくださいね。

 

ステップ1.嫌な行動を1つ選ぶ

あなたは、この記事に来て、ここまで読み進めているということは、なにか悩みがあることでしょう。

 

やらなきゃな~って思いながら、できていない行動がある。仕事などのルーティンワークをどう意欲的に取り組むかなど。

いろいろあると思います。

 

なので、その行動をやる気に満ちた行動に変えるために、1つやる気がでないけど、やらなければいけない行動を選んでみてください。

 

ぼくの場合でかんがえてみますね?

 

じつは僕は、新卒でビジネスをはじめて、サイトやブログをいくつか持っています。

起業家であり、ブロガーです。ですが、毎日を書くとなるとなかなか大変です。

 

とくに、このサイトなんか新しく作り始めて、一発目の記事なんですよ。

だから、はじめたばかりで、記事を積み重ねるのにモチベーションが保てません。

 

好きだから、文章書いたり、記事を記事を書いているわけです。

それでも、慣れてくと、飽きるし、つまらなくなってきます。きょうは、記事更新しなくて、いいかな~?みたな感じです。

 

だれだって、そうだと思います。

 

ぼくに、とっての嫌だけど、やりたいんだけど、やらなくちゃいけない行動は、サイトの記事作成ってことにして話をすすめますね。

 

ステップ2.意味つけorゲーム化

やる気がでない時は、やらなければならない

行動に意味をつけるか、ゲーム化してしまいましょう。

 

人間の記憶っておもしろいもんで、

いくらでも記憶をいじくりまわせるもんなんですよ。

 

さっき紹介したリフレーミング。あれも、記憶をいじくりまわして、

悪い記憶を良い記憶に変えてしまえ~っていう科学的なメソッドです。

よく心理療法で用いられます。

 

だから、じぶんで決めてしまえばいいんです。

たとえばこの行動は世界を変えるかもしれない!!!!!!

 

ただたに、日銭のために行動しないといけない。って思ってると、

やる気なんて出るわけがありません。

 

だから、なにかテキトウにじぶんが俄然やる気になる意味を行動につけてしまえばいいんです。

 

「これをマスターすれば、好きな子が振り向いてくれるに違いない‼」

でも、

「今日のぼくの行動が未来のじぶんを救うんだ‼」

でも、なんでもいいと思います。

 

そして、人生はゲームだと思え!!

ば、なんだけおもしろくなってくるはずです。

 

ぼくの場合、サイトの記事を1つ書くことでレベル1アップする。

100レベルになったら、おそらくこんな能力が手に入っているだろう!って

考えたり、実際にじぶんにご褒美をあげるようにしています。

 

毎日、1記事から2記事書いて、だいたい2カ月で100レベルまで達します。

文章力も上がってるし、サイトへのアクセスもこのくらいだろうな~って思いながら、

1レベルづつ積み重ねていきます。

 

そして、ご褒美は、恋人とのデートにしています。

今、書いていて思ったんですが、2カ月に1度しかデートしないって

ブラック彼氏かもしれないですね、、、、

 

しかも、彼女はじぶんがご褒美に使われているなんて知らないなんて。

でも、ぼくは、彼女とのデートのために頑張れるんです。

 

そして、ブログを書く上でも、大きな意味つけをしています。

ぼくは、じぶんの文章でひとを幸せにしたいと本気で思っています。

 

ぶっちゃけてしまえば、

サイト運営も、お金のためですよ?

 

気分を悪くしたら、ごめんなさい。

でも、日銭のためにって思った瞬間に僕の中での

モチベーションはガク落ちしてしまうんです。

 

日銭のためなら、わざわざ起業なんてせずに、

大手企業に就職してますから。

 

だから、この文章で、ぼくが会ったことのない誰かの

役に立てたらな~。ぼくの文章でひとを幸せにしたいな~って

そう思いながら、パチパチ打っています。

 

ステップ3.細分化

あ、これは、ステップ2のぼくの例のところで、例を出してしまいましたが、

行動を細分化することです。

 

たとえば、ルーティンワーク。

毎日の営業周り。毎日の事務作業。

 

つまんないですよね?あきますよね?

だから、ぼくのように、レベル100で区切ったり、

長い目で見て、細分化したり、区切りをつけてみてください。

 

ぼくが、レベル100で区切っているのには、理由があって、

人のモチベーションって2カ月が限界なんです。

 

どんなに、うれしいとか、燃えるような出来事があっても、

それは2カ月以上続かないんです。

 

こんな経験ありません?映画とか見てめちゃくちゃやる気になったけど、

すこししたら、あのモチベーションどこ行ったんだ?みたいなこと。

 

モチベーションは、長くは続きません。

だから、行動を細分化して、前に進んでるしょ?という

感覚が大事になります。

 

レベルアップしている。一歩一歩進んでいる!って思えれば、

なんかうれしくないですか?

 

毎日のルーティンワークも、細分化することで、

モチベーションを保つことができます。

 

ステップ4.ゴールの設定

想像してみてください。

あなたはこれからマラソンします。

 

ゴールのないマラソンと、ゴールのあるマラソン。

どちらが早く走れると思いますか?

 

ゴールのないマラソンなんて、頑張れないし、

走り続けられずに、歩いてしまうのではないでしょうか?

 

その状態にあなたは仕事や日々の生活でなっていませんか?

その状態を継続するのは、とても危険です。

 

なぜなら、成長しないからです。

ゴールのないマラソンは頑張らないでしょう。

 

頑張らないといういうことは、成長しないということ。

成長しないということは、周りにおいていかれるということです。

 

気づいた時には、追いつけなくなっていて、

あなたは指をくわえて、知り合いの成功を眺めているだけに

なるかもしれません。

 

ちょっとあおりすぎました。。

でも、安心してください。

 

ゴールを設定すれば、あなたは変わることができます。

ゴールを設定すれば、多少なりとも行動しないとという意欲がわきます。

 

ゴールできれば、いいですよ?でも、ゴールできなかったとしても、

ぼくはいいと思っています。

 

ゴールに向かうプロセスが一番幸せを感じるからです。

ある脳科学者は、ゴールは達成しない方がいいと言うほどです。

 

だから、不可能なゴールでもてきとうに設定すればいいんです。

 

で、ゲームだと思って、どうすれば、このボス(課題や目標)を攻略できる?

ってワクワクしながら、考えます。

 

これが1番の楽しいことです。

 

たとえば、営業周りでやる気が出ない人は、

その日の最後に1件多く回ると1レベルアップする。

 

この1レベルが未来のじぶんの給料を上げてくれるに

違いない。

 

そう思って、それを100レベルまで積み上げます。

100レベルになった時の、じぶんの良い状態を想像したり、

 

じぶんでじぶんにご褒美も設定してあげてください。

彼女とのデートでも、なんでもいいです。

 

ステップ5. 行動あるのみ!!

ここまで、やる気がでない行動を1つ選んで、その行動に意味つけをしたり、ゲームだと思ってもらいました。そして、行動を細分化して、2カ月くらいで達成できるゴールを設定して、ご褒美をつけようといいました。

 

ですが、言い切りましょう!

あなたはなにも変わらない。

 

普通の人間は、知識をいれても、なんにも変わりません。

それを実践しなければ、なにひとつ変わらないんです。

 

だから、今確認したこと実際に行動に移してくださいね?

 

表を作ったりとか、カレンダーに

その日の行動を正の字で書いていったりとかでもいいです。

 

あなたに知識を提供するためにこの記事を書いているのでは、ありません。

あなたが、変わって、行動して、成長して、幸せになってもらうために書いています。

 

せっかくお母さんから生んでもらって、

生きているのに、だるい。めんどくさい。やる気なさげに

生きるなんで、お母さんへの冒涜です。

 

なので、すこしでも、やる気のない行動をなくすために、

この記事をなんども読み直して行動してみてください。

 

僕も何度もこの記事を修正して、より良いものにしていきますから。

 

まとめ

まとめいります?

ぼくは、知識を仕入れるとき、まとめは飛ばすので、

まとめ書きません!!!

 

心理学カテゴリの最新記事