メンタル強くしたい=危険|メンタル弱くてもよくないかい?5選

メンタル強くしたい=危険|メンタル弱くてもよくないかい?5選

 

Aww.ホリ ダイキです!!

このツイートけっこうバズってたんですが、半分賛成で、半分間違っているので、

反論?解説していきたいと思います。

 

こんなこと思ってません?

「メンタル強くしたいな~」とか、「じぶんってメンタル弱いのかな~」って。

 

このツイートによれば、メンタルを強くしたいなら、

じぶんがメンタル弱いのを受け止めなさい。って言ってますね。

 

でも、ぼくはこう思う。

【普通、一生メンタル弱いままを受け入れられます?】

 

メンタル弱いじぶんを受け入れるのも違うと思うし、

メンタルを強くしたいって思うのは、もっとダメだと僕は思う。

 

なぜなら、メンタルを強くしたいな~って思っている時点で、

メンタルが強くない自分を演じてしまっているからです。

 

考えてみましょう。あなたはメンタルが弱いです。

そして、メンタルを強くしようと頑張ろうとします。

 

よく自己啓発などで、セルフイメージを高く持て!

そうすれば、自然と行動できるようになる。っていうけど、

あれ、嘘ですからね?

 

メンタルは変えようとすればするほど、現状維持バイアスが働きます。

メンタルは、本来、自分を守るために備えられた、自己防衛の機能です。

 

だから、たとえば、行動したいのに、行動できないのは、

あなたの無意識が現状維持をして、危険を避けようとする

正常な心の働きなわけです。

 

この現状維持しようとする働きが現状維持バイアスです。

これは、メンタルにも、行動にも、作用します。

 

なので、あなたはメンタルを強くしようって思うと、

自然に、あなたはメンタルが弱い自分のままでいようとするわけです。

 

だから、それを受け入れて、弱いままでいいんじゃない?

っていうのが、このツイートのわけです。

 

そして、僕の意見がこうです。

メンタル?弱いもくそなあるかい‼

メンタル弱いと思うから弱い。メンタル強いと思うから強い。

 

つまり、こういうことです。

メンタル強くなりたい=メンタル弱いことを肯定。

メンタル強くなりたい→メンタル弱いままでOK

メンタル強くなりたい→じぶんのメンタルは強い‼

 

メンタル強くなりたいな~って思ったら、その瞬間にメンタル強いじぶんに

なってしまえばいいってことです。

 

でも、こう思うのではないでしょうか?

 

そんなのできたら、苦労しないし、自己啓発と同じやんけ~って。

 

さっきじぶんで自己啓発は現状維持バイアスがかかるから

ダメだ!って言っておいて矛盾してますよね。

 

はい。なので、その矛盾をこれから、解消していきます。

み~んな、メンタルだけで、変わろうとするからいけないんですよ。

 

答えは簡単。

じぶんのメンタルではなく、行動を変える‼ です。

 

な~んだ。また行動のことかよ!って思ったでしょ?

 

でも、想像してみてほしいんです。

 

あなたと世界一の億万長者ビル・ゲイツと何が違うんでしょう?

いや、なにも変わらない。(反語)

 

変わるのは、行動だけ!です。

ビル・ゲイツだって、失敗するのは怖いです。

 

行動するのだって怖いです。でも、それを乗り越えた。

ビル・ゲイツですら、こう言っていたみたいです。

 

「マイクロソフトの成功するとわかっていたら、あんな病的には働かなかった。」

 

英語で言ったでしょうし、僕の記憶の中の言葉なので、

言葉の一語一句正確かどうかはわかりません。

 

でも、世界的に大成功を収めた大富豪ですら、失敗するのが

怖くて、働きまくったんですよ?

 

メンタル弱いどうしよう!行動できないどうしよう!

失敗したくない。怖い。ってビビってるあなたとまったく同じことを

ビル・ゲイツも感じているってことです。

 

そして、あなたが成功していなくて、

ビル・ゲイツが成功している差は行動の差だけ。

 

行動すれば、あなただって、ビル・ゲイツになれるってこと。

要するに、メンタル弱い強い関係なく、行動しちゃえ~!!

ってことです。

 

長くなりました。この記事では、

メンタルの強弱に関係なく、『行動』する方法について

解説していきます。

 

あ、この記事は僕の独断と偏見に満ちていますので、

しっかりじぶんで精査して、情報をじぶんのものにして、

さいごは必ず、実践してみてくださいね?

 

メンタルを強くして、行動できるじぶんに代わる方法。

 

名付けて、『じぶん革命』の方法は以下の5つ‼

 

・モデルになりきるモデリング

・じぶんの定義を変えるリフレーミング

・メンタルブレーキを見つける!

・超ネガティブになってみる

・こうどうのしゅうかん化

 

方法1.モデルになりきるモデリング

 

たとえあなたが今メンタルが弱いと思っていたとしても、

関係なく、メンタルが強い人として、ふるまう方法として、

ますはじめに、モデリングをご紹介します。

 

モデリングとは、モデリングです。モデルをみつけて、その人を分析する。

そして、そのモデルと同じようにふるまいます。

 

ことば、話し方、表情、歩き方、しぐさ、などなど。

 

有名な話だと、永ちゃん。矢沢永吉さんは、スターになる前から、

矢沢永吉だったっていうお話があります。

 

矢沢永吉さんは、まったく売れていない時から、

じぶんはスターだと思って、歌っていたそうです。

 

これは、スターである誰か。じぶんの中にあるスターという存在を

作り上げて、それを演じ続けたということ。

 

そう。演技するんです。メンタルが弱くて、ビクビクしても、

メンタルが強いじぶん、または、強そうに見える人を真似て、

その人と同じように行動するんです。

 

あなたは、営業。セールスマンだったとします。

慣れていないので、ビクビクしてセールスしていることでしょう。

 

でも、今日から、あなたはトップセールスを演じます。

営業の天才で、誰もがあなたのことばに反応して、物を買います。

 

演じるんです。あなたはじぶんを俳優だと思ってください。

俳優なので、なににでもなれるんです。

 

脚本覚えて、セリフ覚えて、しぐさ変えて、話し方変えて、

今から、理想のじぶん。最強のじぶんになってしまいましょう‼

 

方法2.じぶんの定義を変えるリフレーミング

先日書いた記事→やる気出ないに原因はない?15分でだるいを解決する方法

この記事では、やる気がでないなら、行動の定義を変えて、行動のリフレーミング

をしよう!!ってお話をしました。

 

リフレーミングというのは、再定義することです。

基本は、記憶を再定義して、トラウマ的な嫌な記憶を良い記憶に

再定義する方法です。

 

ですが、前回は行動に関する意味つけを変えるという意味で

行動の再定義の意味で使いました。

 

今回は、じぶんに関する定義を変える方法として、

『じぶん革命のリフレーミング』と名付けました。

 

どういうことかというと、

これは、じぶんがじぶんにしている枠組みを

ぶち壊してみよう!!ってことです。

 

あなたは自分にどんな枠組みをしていますか?

 

「じぶんは学歴がないから、頭が悪い。」

「じぶんには、なにも取り柄がない」

「じぶんは平凡な人間で成功なんかできない」

「じぶんは周りに嫌われている」

 

ここでは、ちょっとネガティブなことを上げましたが、

あなたは、自分をどんな枠組みに囲ってしまっていますか?

言い直します。決めつけてしまっていますか?

 

この枠組みは、親や親しかった人から受けた評価によって、

無意識に組み込まれているものです。

 

よくマインドセットなんて言い方もします。

他人から受け取った思い込みと言い換えてもいいです。

 

これが、あなたの行動を決めてしまっているかもしれないんです。

 

たとえば、「僕はメンタルが弱い人間だ。」という

思い込みができあがっていると、行動もメンタルが弱い人

になってしまいます。

 

なので、

 

メンタルが弱いじぶんを再定義できないか考えてみるんです。

 

ここで、覚えておいてほしいのが、たしかに、

思い込みはもらっているけど、あくまで、その行動を

選んでいるのは、あなた自身だという事。

 

メンタルが強い。試練に立ち向かい。

勇気を持って、行動することも、それを避けるのも、

あなたの行動次第で変えられるということ。

 

そして、じぶんの中になにか、ネガティブな思い込みを

見つけたら、それは変えられるということに気がついてください。

 

方法3.メンタルブレーキをみつける

つぎは、方法2のネガティブな思い込みをみつけるコツに

ついてお教えしますね。

 

NLP-神経言語プログラミングで使われる質問があります。神経言語プログラミンングとは、天才心理療法家の手法を天才心理療法家ではない誰かが心理療法を行っても効果がでるように天才の真似から始まりました。

 

今では、成功するための思考法やセルフコーチングの方法として用いられます。

 

ぼくもNLPの講座を受けたことがあって、その時にされた質問で、

じぶんのネガティブな思い込みを見つける質問を知ったので、ここで紹介します。

 

いまから、書く質問に真剣に答えて、質問に合わせて、

しっかり、鮮明に、想像してみてください。

 

順番に質問していくものとします。まずは、

「あなたの理想の1日はどんな1日ですか?」

「現在の立場、生活をすべて抜きにして、お金も時間もすべて自由だと思って考えてみてください。」

 

味わって、どんな感情になって、どんな楽しいことがあって、

ワクワクしたり、ドキドキしたり、ハラハラしたり、体験しているからの

ように、感じてください。

 

次です。

 

「最高に楽しんでいるじぶんと現在の最高の状態ではないじぶん。何が違うんでしょうか?」

「なぜ、最高の状態にあなたはいけてないのでしょうか?」

 

また、これも考えてみてください。

「最高のじぶんになるにあたって、どんなデメリットがありますか?」

 

この質問は、自己実現とか、目標達成のために使われます。

なので、今回のタイトル。強いメンタルになるための質問に

置き換えてみましょう。

 

「あなたがなりたい強いメンタルを手に入れるとどんな最高の状態になりますか?」

人前でもどうどうと話せる自分かもしれません。

どうどうとセールストークができるかもしれません。

 

ですが、

「なぜ、あなたはメンタルが弱いままなんでしょうか?」

「メンタルが弱いことによるメリットは?」

「メンタルが強くなった時にどんなデメリットがある?」

 

メンタルが弱いままだと、メンタルのせいだと

成果がでない言い訳にできるかもしれません。

 

メンタルが強くなると、営業成績が上がって、

忙しくなるかもしれません。

 

本当はあなたはメンタルが弱いままでいて、

メンタルが強くなるのを望んでいないかもしれないんです。

 

いまのままでいたいという欲求が

人間の本能にインプットされているからです。

 

方法4.超ネガティブになってみる

 

知っているでしょうか?

 

ポジティブ=悪だということを。

 

普通は、ポジティブになれ!ポジティブになった方がいい。

って言われていますよね?

 

でも、心理学的には、科学的には、

ポジティブはいいことだとは言えないんです。

 

世の中の成功している人たちは、

ポジティブ志向のひとよりもネガティブ志向のひと

の方が多いという研究があります。

 

短期的には、ネガティブ。長期的にはポジティブ。

よく知り合いの経営者が言っています。

 

ユニクロの柳井会長も、ノートに日々の不安を

書きまくっていたっていうのも、有名ですよね。

 

なので、方法3でみつかった、悪い思い込みやメンタルブロック

に関して、徹底的に書き出してみてください。

 

・じぶんはダメな人間だ。

・じぶんはなにもできない。

・じぶんは、くそな人間だ。

・じぶんは成功できるわけない。

・ぼくは失敗する。

・ぼくは、あきらめる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

なんか?あれ?って思ってきません?

 

じぶんそんなダメじゃないだろ?

あきらめないし、成功できるんじゃ?

失敗しないように気を付けよう!

やろうと思えば、僕だってできる!

 

ぎゃくに、そう思えてきませんか?

 

これが、ポジティブばっかり意識していると、

反対に、失敗が怖くなりすぎて、行動自体をさけてしまいます。

 

超ネガティブ日記を書いてみましょう!!

 

方法5.こうどうのしゅうかん化

 

ここまで、メンタルに関係なく行動を変える方法をお伝えしてきました。

ですが、行動を意識して変えたとしても、すぐにもとの習慣に戻ってしまいます。

 

いままでのあなたは、メンタルが弱いと思っていたので、

プレッシャーがかかる行動は避けてきたのではないでしょうか?

 

ですが、モデリングやリフレーミング、心のブレーキの特定を

して、だんだん変えなくてはいけない行動が分かってきたのではないでしょうか?

 

そして、まずは、もちろん。一歩踏み出して、行動することです。

ですが、それだけでは、すぐに元の弱いじぶんに戻りかねません。

 

行動は変え続けないといけません。

モデリングでスーパースターを演じるのであれば、

一生演じなければいけません。

 

覚悟を持って、決断しなければいけないということです。

 

そして、行動を習慣化するには、100日その行動をし続けなければ

ならないとも言われています。

 

約3カ月。じぶんはメンタルが強い。スーパースターだ。

思い込みを捨て、ブレーキにも気づいて、行動を変えてください。

 

3カ月後には、本当にスーパースターであることが

普通になっているはずです。

 

まとめ

 

メンタル弱いというのは、あなたの思い込みです。

 

ぼくは、ひとのメンタルに強いも弱いもないとおもっています。

 

失敗はだれでも怖いです。

 

挑戦したら、当然リスクはあります。

 

どんなに成功している人でも、ビビるときだってあると思います。

 

でも、そういう人たちはただ、自分の感情をコントロールして、

行動できるようになっただけのはなしです。

 

いきなり、メンタルが強くなって、

勇気ある行動ができるようには、ならないでしょう。

 

でも、いいじゃないですが、はじめはビクビクしてでも、

我慢して、行動していれば、その緊張すらなれてくるでしょう。

 

ひとは習慣化するまでに約100日かかります。

なので、100日我慢して行動すれば、今度は、我慢した行動が

普通になって、習慣になります。

 

1日1日行動を積み重ねていきましょう‼

 

 

心理学カテゴリの最新記事