セリグマンのポジティブ心理学で本当に幸せになれるのか

セリグマンのポジティブ心理学で本当に幸せになれるのか

あなたはこんな問題抱えていませんか?

 

・今の生活を楽しめてない

・なにかに集中できていない

・人生の意味をみつけられない

 

あなたはこれらの問題を解決するために、

ポジティブ心理学を学ぶべきです。

 

なぜなら、ポジティブ心理学は、

心を病んでいる人のためではなく、

普通の人がより豊かに暮らすための

学問だからです。

 

この記事では、アメリカの心理学者で

ポジティブ心理学の権威であるマーティン・セリグマン。

 

この人のTEDスピーチを聞いて、

実際に使えそうだと思った部分をまとめて、

考察しています。

 

・楽しく生きたいよ

・人生を有意義にしたい

 

そう願うあなたはこの記事を最後までしっかり

読んで、出てきたことを実践してみてくださいね。

 

幸せな人々の共通点とは?

 

セリグマンの研究によれば、

幸せな人々には共通点があるらしいのです。

 

その共通点とは何でしょうか?

 

ちょっと考えてみてください。

 

お金でしょうか?

容姿の良さ?

健康?

いい出来事が多い?

悪い出来事が少ない?

 

お金があると幸せだと思いましたか?

健康でいられれば、幸せだと思いましたか?

 

実は、幸せな人々に共通するのは、

【社交性】です。

 

とにかく、1人でいることが少なく、

いい恋愛関係、幅広い友人関係があるほど、

幸せと感じることが多いそう。

 

仕事に追われてプライベートがおろそかになる。

疲れて恋人とのデートを後回しにすると、

あなたはどんどん幸せから遠ざかっていくかも。

 

僕も最近、交友関係を捨てて、

お仕事ばかりになっている節がありました。

 

でも、そうなると、つまらないし、

笑顔が減っているかもって思います。

 

あなたはどうですか?

社交的に生きれてますか?

 

これを機会に少し、自分の交友関係について

考え直してみるのもいいかもしれません。

 

3種類の生き方ーだれが1番幸せでしょうか?

 

セリグマンは幸せを3つの生き方に分類して考えました。

 

  1. 楽しい生き方
  2. なにかに打ち込む生き方
  3. 意義がある生き方

 

この3つの生き方について研究したんです。

それぞれ見ていきましょう。

 

楽しい生き方

 

3つの生き方を3人の兄弟に例えてみましょう。

 

末っ子の3男は、毎日楽しいことだけ

考えて生きています。

 

できるだけ快楽を得るために行動して、

できるだけポジティブな感情を感じるようにします。

 

なにかに打ち込み生き方

 

次男はなにかに打ち込む生き方です。

なにかに打ち込む。

 

集中して、時間を忘れること。

フロー状態になる自分の長所を存分に

活かした生き方をします。

 

得意なこと、長所を生かして、

有意義に人生を生きていきます。

 

意義のある生き方

 

長男は、意義のある生き方をします。

これはなにかのために人生を掲げる生き方です。

 

 

大きな目標や多くの人のために貢献する

ための生き方をします。

 

ポジティブな感情は50%が遺伝で決まる。

 

セリグマンは、3男の楽しみや快楽だけを求める人生では、

そこまで幸せになれないとしています。

 

どういうことかというと、

ポジティブな感情を感じる度合いは

遺伝によって左右されるから。

 

欧米の人は比較的楽しい時にでるドーパミン

というホルモンが出やすいと言われていますが・・・

 

日本人はこのドーパミンが出ずらいとも

言われています。

 

また、楽しい感情は慣れてしまいます。

同じことを続けていては楽しくなくなっていますんです。

 

そして、楽しいことだけで生活するのは、

現実的ではない。

 

これが1番の問題かもしれません。

 

意義のある生き方と夢中になる生き方には相関がある

 

どのような生き方をすればいいかというと、

意義あること、打ち込めることがある生き方が

最強なんです。

 

どういうことかというと、

何か意義を求めて生きると、打ち込めることが

見つかるんです。

 

それには、理由があって、

誰かのために貢献することで幸福度が

継続的になるからなんです。

 

大きな意義があることで、人々に貢献をして、

それに夢中になる。

 

そうすることで、

自然と、ポジティブな感情も

増えてきます。

 

意義ある生き方をするために人との繋がりが大事

 

1番大事なのは、意義ある生き方を選ぶことです。

 

ここでちょっと考えてみてほしいんです。

誰かのために貢献する生き方。

 

これって必ず誰かとの繋がりから

生まれています。

 

だからこそ、

人との繋がりある人、社交性がある人が幸せを感じる

ということになるんです。

 

最強の幸せになるワーク

 

ポイントは

ポジティブな感情のバランスと、感謝の気持ちです。

 

さきほど、ポジティブな感情だけでは、

幸せになれないと言いました。

 

でも、逆にポジティブな感情が足りないと

幸せにもなれません。

 

バランスが大事です。

楽しむことも、夢中になることも、意義あることも。

 

なので、

「最近、ワクワクする体験すくないな~」

って感じたら、思い切って楽しむことも大切です。

 

ワーク① 最強に楽しむ1日を作る。

 

そして、感謝する機会を作ります。

 

誰かの予定を聞いて、会いに行く。

そして、感謝の手紙を渡して、読む。

 

喜んでくれて、

涙も流せてくれるかもしれません。

 

これが、最高の幸せですよね。

 

ワーク② 感謝をしっかり人に伝える

 

まとめ

 

・幸せな人の共通点は【社交性】

・意義ある、なにかに打ち込む生き方の次に楽しむ生き方を

・感謝と貢献の気持ちを忘れずに

・最高に楽しむ1日を作る

・感謝はしっかり人に伝えよう

 

読んでくれてありがとうございました。

 

今日から、あなたも

人との繋がりを大切に生きていきましょう。

 

幸せになるために、貢献と感謝の気持ちが最強です。

 

幸せになるために、小さなことでも、

あなたの行動が変われば、幸いです。

 

では、また会いましょう( *´艸`)

 

日本のトップコーチ 大毅

 

心理学カテゴリの最新記事